『だんだんぐるぐるの家』仕事納めです!

だんだんの高低差とぐるぐる回れる道路のある楽しい敷地に、家族3人で住む26坪の平屋の住まいを設計しました。

その敷地形状を家の中にも取り込み、見下ろしたり見上げたり、視線が抜けたり閉じたり開放的な場所やこもれる場所など、色の違うさまざまな居場所を提案しています。基本的に家はリビングでくつろぐか部屋にこもる。その2択しかありませんが、声や存在は感じるけど見えない、など、グレーな距離感がとても大切だと思います。

完全に離れるのではなく少しだけ離れるとか、少しだけくっつきたい時ってありますよね!?

人の気持ちってパチンと線引きできるものではないので、住まいにもそれを受け入れる余白みたいなものがあるといいと思っています!

工事は床が仕上がりまして壁、天井の下地の工程に入っています。
だんだんの床と天井の広がり、そして奥行きを感じるようになってきたと思います。
2つの箱を中央に共有ゾーンとプライベートゾーンとをぐるぐる回れる動線としているので、
のでとても使いやすいです!

現場は本日をもって仕事納めですが、もちろんインデコ事務所はギリギリまでお仕事しますよ 笑
また進みましたら載せていきますねー お楽しみに!

その他の最新たてものコラム

物件ごとの工事の流れ