『だんだんぐるぐるの家』内装工事中です!

だんだんの高低差とぐるぐる回れる道路のある楽しい敷地に、家族3人で住む26坪の平屋の住まいを設計しました。

その敷地形状を家の中にも取り込み、見下ろしたり見上げたり、視線が抜けたり閉じたり開放的な場所やこもれる場所など、色の違うさまざまな居場所を提案しています。基本的に家はリビングでくつろぐか部屋にこもる。その2択しかありませんが、声や存在は感じるけど見えない、など、グレーな距離感がとても大切だと思います。

完全に離れるのではなく少しだけ離れるとか、少しだけくっつきたい時ってありますよね!?

人の気持ちってパチンと線引きできるものではないので、住まいにもそれを受け入れる余白みたいなものがあるといいと思っています!

工事は床、壁、天井の断熱材を取り付け下地の工程に入っています。

手前と奥に2つの箱が見えてきましたが、みんなでワイワイするゾーンと家族だけが行き来するゾーンとをぐるぐる回れる動線計画としています。回遊性のある動線は使い勝手もいいですし、奥に何か空間があるというのはワクワクと広がりを感じることができます。

左が木の天井、右は白い天井になります。段差のついた斜めの勾配天井がさらに多様な見え方を生みますので、くつろぐ場所により開放感やこもり感が変わってきます。陽の入り方も変わりますので、気分により好きな場所を見つけてのんびりするのもいいですね。

こちらがプライベートゾーンのぐるぐるです。連続する斜めの梁が奥行き感と空間の印象に変化を加えます。ウォークインクローゼットと隣接させているので使い勝手もバッチリですよ!

また進みましたら載せていきますねー お楽しみに!

その他の最新たてものコラム

物件ごとの工事の流れ