北庭の家

ポイント
1. 季節や気分に応じて刻々と変化する光と影を楽しむ
2. 北道路の光の取り方
3. プライバシーを確保

夫婦2人が住む住宅で、要望としては東面、西面、南面を建物に囲まれた北側道路の敷地に対し、
どう光を取り込むか、そしてプライバシーを確保したいということでした。
そこでプライバシーを守りつつ光を取り込むことができる北側の庭を提案しました。

斜めに伸びる北壁は太陽の光を反射させ、室内に均一な光を導くのはもちろん、
時間や季節により刻々と変化する光と影のおりなす自然の美しさを提供してくれます。

全面ガラス張りの貸し切りスクリーンとスキップフロアで構成された高さの異なるLDKにより
自分の好きな場所を見つけ、好きなシーンをみながらうっとり過ごす。
忙しなく繰り返される日常に、ほっと一息つける自然のいろどりがある住まいです。

敷地面積 :158.93㎡(48.1坪)
1階床面積 :61.08㎡(18.48坪)
2階床面積 :40.06㎡(12.12坪)
建物面積 :61.08㎡(18.48坪)
家族構成 :夫婦
構造 :木造
価格 :2000~2500万