テラスインテラスの家-リノベーション-

 

ポイント
1.既存の外テラス→新設内テラス→室内の連続性
2.L型リビングの距離感
3.断熱・気密性能の向上

リビングの南側、西側、北側の3方向を屋根付きテラスが回る既存の住まいに対し、その内側にもインナーテラスを入れる提案をしました。挿入したインナーテラスが外のデッキと板張りの室内とを緩やかに繋ぎ視覚的な広がりと生活に奥行きを与えるとともに空間として一体的に使えます。
新テラスは外でも使えるタイル貼り、そして可能な限り天井を高くとり、室内でありながらも外のような雰囲気をもった場所とすることで仕上げによる連続性、そして既存のテラスを含めた多様な使い方ができる場所としています。

また今回は間取りのデザインだけでなく断熱性能の向上も重要だったため、屋根・壁・床はすべて吹き付け断熱材、窓は樹脂+ペアガラスを採用することで気密性能及び断熱性能の向上を図った。

1階床面積 :71㎡(21坪)
2階床面積 :61㎡(18坪)
家族構成 :3人
構造 :木造
価格 :1000~1500万